「クイズ」に対する個人的スタンス

先日、申請してたアドセンスの審査を通過しました。
ただでさえ画像が少ないサイトなので、これで少しは華やかになったかなぁ・・・

さて、今日の本題ですが、せっかく「ただのクイズ好き」と書いてるのだから
そろそろ『クイズ』というモノについて触れていこうかと。

よく「なんで、クイズなんかやってるの?」とか、
「最近のクイズ番組は面白くない」など、『クイズ』に対して、なんかネガティブと言うか
あまり好意的ではない意見も、チラホラ見かける事があるのだけど・・・

「好きなものは好き!」と 言えるきもち 抱きしめてたい

と、槇原さんも昔 歌ってたし、好き勝手に語ってみようと思います。

「クイズ」とは

そもそも、「クイズ」に関しては明確な定義が無く、
一般的に と言うか、辞書を引いて出てくる意味には

  1. 問題を出し、それに答えさせる遊び。また、その問題
  2. (口頭または筆記による)簡単な試験、小テスト

と あるけど、おそらく多くの人が「1」の意味を先に思い浮かべるだろうし、
そこから派生して、『クイズゲーム』とか『クイズ番組』を連想すると思います。
(ぶっちゃけ、僕もそう連想する1人)

なので、「そういう認識をされている」という前提で、
更に詳しく説明する際、何を引き合いに出せば良いか を考えたら、
理解されやすい「例え」は、多分 『スポーツ』なんじゃないのかな。

『クイズ』が持つ要素

あくまで個人の解釈ではありますが、『クイズ』には、
「遊戯」と「競技」の要素がある と考えています。

つまり、「遊び」としての『クイズ』だけでなく、
「競技」としての『クイズ』もある と。

これを「スポーツ」で例えるなら、一番しっくり来るのが『ボウリング』

仲間内でワイワイと、「遊び」として楽しむ人が居れば、
公式のリーグや大会に参加し、「競技」として関わる人も居るワケで。

同じ「仲間内でワイワイ」にしても、
例えば、サークルや 会社内の人間で行う『ボウリング大会』となれば、
「遊び」でありつつ、「競技」的な要素も入ってくるでしょう。

そう考えると、『クイズは、スポーツと似ている』と言っても、
多少なり、説得力が出てくるんじゃないかな と思うのです。
(特に『ボウリング』の場合は、手軽に出来る という点でも似てます)

「遊戯」と「競技」の違い

上の辞書的な意味の中にも「遊び」と書かれている通り、
基本的に『クイズ』って、「遊戯」のイメージが強いです。

じゃあ、『クイズ』における「遊戯」と「競技」は、何処が違うのか。
パッと思いついた点だけ挙げてみても

  • 「ルール」が緩いか、厳しいか(「競技」になるほど厳しくなる)
  • 「関わる人数」が多いか、少ないか(「規模の大小」と置き換えても可)
  • 「観戦者」の有無

・・・まぁ、頑張って こんな感じ。

最後に挙げた「観戦者」に関しては、おそらく賛否両論あると思うけど、
これを「視聴者」と置き換えてみたら、テレビの『クイズ番組』は、
「競技」の要素が濃いクイズ
と、僕は認識しています。
(「優勝者」を決めたり、「チーム戦」等、競技の要素 てんこ盛りだし)

当サイトでの『クイズ』の定義

今まで書いたものは、言ってみれば「一般論」
『クイズは、スポーツ(のようなもの)』という表現も、
実際に明言されてる方がいらっしゃる為、とりわけ珍しい意見という事でもありません。

・・・それじゃあ 何か面白くない。
上で書いたことをベースにしつつ、ここからは独自論です。

3つ目の要素

『クイズ』には「遊戯」と「競技」の要素がある と書きましたが、
更にもう1つ、別の要素を持っている と考えています。

それは『興味』という要素。

普通 『クイズ』と言うと、「問題に対して、正解を出せたか、否か」とか、
「人と競って、勝ったか負けたか」という部分ばかり注目されがちですが、
この『興味』という要素。個人的には、重要な要素だと思っています。

要するに、「クイズの問題」として扱われた事柄に興味を持つことで、
そこから新しい知識を得たり、知識の幅を広げることが出来る
のも、
『クイズ』の醍醐味 の1つじゃないのかな と。

「名所」が問われたのであれば、その場所に実際に行ってみる
「曲名」が問われたのであれば、その曲を実際に聞いてみる

勿論、『出来る範囲で』という条件付きで全然構わないのだけど、
そういう行動に移せるキッカケって、やっぱり『興味』から だと思うのです。

「遊戯」・「競技」・「興味」
当サイトでは、『クイズ』について、この3つの要素を含むもの として定義し、
特に『興味』という要素に重点を置いて、これから色々と書くつもりです。

補足:この3つの要素は、基本的に平等であるべき と考えています。
つまり、「遊び」として関わろうが、「競技」として関わろうが、皆同じ。
どっちが上とか下とか、そういう見方は好ましくないと思ってます。

まとめ

考えれば考えるほど実感するのは、『クイズ』って本当に奥が深い。
それでも最後に、これだけは言っておきたい。

(誤答を減らして)正解率を高めたい」
(人と競って)勝てるようになりたい」

気持ちとしては理解できるんだけど、結果ばかりに執着してると、
達成出来なかったとき、『クイズ』が段々「楽しくないもの」 になっちゃう。
それって、なんか勿体ない。

もう一度、辞書的な意味に戻るけど、『クイズ』は基本 「遊び」であって、
「遊び」ってのは、『楽しい』と感じるものでなければならない と思ってます。

 

どうすれば『クイズ』が楽しいものになるのか
どういう事を書けば、『クイズ』に興味を持つ人が増えるのか
一個人の発信力なんて、ぶっちゃけ大したこと無いのだろうけど、課題は山積み。

まぁでも、記事書くの楽しいから、オッケーって事で いっか。