Black or White -白か、黒か-

2017年11月15日

「目を引くタイトルは、アクセスが増える」

と言うようなことを、どこかのブログで読んだ記憶があるので早速やってみますが、当面は、『壁に向かって話しかける』感じになると覚悟してます。

って事で、今日の本題

「提供元」の文字色は、基本的に白か黒

気付いたキッカケは、こことは別で作っているテストブログです。

ここと同じようにテーマに『Luxeritas』を使って、表示のテストをしてた時のこと
コピーライト表示部の背景色を「橙」、フッターの文字色を「白」としたはずなのに、
『提供元』を表す「WordPress Luxeritas Theme is provided by “Thought is free”.」の部分が、
黒文字で表示される。 ・・・なんで?

提供元 については、表示・非表示でどうのこうの というのは、
調べると沢山出てくるんだけど、今回のように「文字色」に言及してるものは皆無。
・・・気になってしまった以上、調べるしかない。

文字色が変わる理由

調べてみれば、なんてことはない。
要は、そうなるような「仕組み」が組み込まれていただけ。

具体的に言うと、親テーマの中に「colors.php」というファイルがあって、
ここで、コピーライト部分の背景色の明度差とかを比較して、見やすい文字色を決定してる と。

色によっては、白黒以外の文字色になることもあるらしいのだけど・・・
多分、稀な例だと思うし、そこまで調べるのは面倒なんで、パス。

意図した側の色の文字色にするには?

とりあえず、色が勝手に変わる理由だけが知りたかったので、
「なんだ、そういう仕組みがあったのか。知らなかったなー あははー」

で、済まそうと思ったのだが、じゃあ仮にテストした環境と同じく、
フッターの背景色が『橙』で、「白文字」を表示させるには、どうしたら良いのか。

・・・考えるまでもないけど、phpをどうこうするより、
単純に『色』(今回の場合だと「橙」)をイジったほうが早いよね。

Googleのカラーピッカー機能が便利

ただ、ここで困るのが、
「どの程度、色を変える必要があるのか」が、わからない という点。

色味を暗くすれば、確かに簡単に「白」に切り替わるのだけど、
なるべくなら、元の色から近い所で留めておきたい。

そういう時に、1つの基準となりそうなのが、
googleの「カラーピッカー機能」です。

この機能、最近まで知らなかったんだけど、
使うには google検索で、キーワードに「カラーピッカー」と打つだけ。
すると、こんな画面になります。

googleのカラーピッカー機能

「電卓」や、「為替計算」機能は知ってたけど、こんなのもやってんすか・・・

見てもらいたいのは、「カラーコード」を表示している部分。
(画像の例だと、『#428614』の文字色)

ここの文字色も、色によって文字色が「黒」と「白」で切り替わります。
なので、ここで文字色が「白」に変わるような色を探せばOKです。

 

・・・もっとも、そこまで悪戦苦闘して色の調整をするくらいなら、
素直に「黒」で妥協した方が楽じゃん。と思ってるのは、ここだけの話。