XREAでWordPressを使う際、意識してること

相も変わらず、『Luxeritas』のカスタマイズに てんやわんや な今日この頃。
こんなのを目にしちゃうと、やっぱ気になっちゃうわけで。

それがなくても、ここ最近は、
「ここを変えると、こう変わるのか。なるほど、そっかー」となる毎日。
まるで『与作』(「へぇへぇ、ほー」 ・・・あ、これスベったな)

けど、その甲斐あって、とりあえず表立った部分や、変えたかった部分に関しては、
一通り改造し終えたので、もう少しで記事書きに専念できそうです。

で、今日の本題。

「画像」は、必ず『最適化』

タイトルでは、「XREAで」と限定しているように受け取れますが、
これは単に 今使っているのが『XREA』だから ってだけであって、
無料・有料 関係なく、どのサーバでも同じだと思うのですが、

『サイト内で使用する画像は、必ず最適化をする』

これ、すごく大事。
僕の場合は「意識」というレベルではなく、「徹底」して当たり前 という感覚。

「最適化」をする理由

主に言われるのは、次の2つの理由から。

  1. サイトの表示速度の上昇
  2. ディスク容量・転送量の節約

要は、最適化をすることで、画像の「ファイルサイズ」が、(多少)軽くなり、
軽くなったことで、上に挙げたメリットが期待できる という訳。

僕の場合、無料で使わせてもらっている共用サーバなので、
他のユーザの迷惑にならないよう、出来ることはしておきたい って理由もあるのだけど、
そもそも『SEO対策』の一環として、前から言われてたのを知ってたからね。

最適化する方法

僕の環境では「EWWW Image Optimizer」プラグインが使えないので、
あらかじめ、TinyPNG とか、 optimizilla といった
オンライン上で提供されているサービスを使って、最適化した画像をアップしてるけど、
この辺は、まぁ人それぞれ。

「サイトを見に来てるだけ」の人からしたら、過程なんか ぶっちゃけどうでもよくて、
『表示が早いか、遅いか』 しか興味がないだろうから、
これ以上、ごちゃごちゃ言うのは控えておきます。

 

・・・というか、よくよく見てみると、
画像を全く使っていない記事の中で言っても、説得力 全然無いわなぁ。
(ま、これからですよ。これから)